融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

返済期間は6か月から最長84か月で融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込に必要な書類はローン申込書、本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しですが、ブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが大多数の銀行では目的別ローンといったローンで提供することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンでは結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利が5%から7%に対し式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社でも銀行と同じくらい低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円で、クレジット対応なので口コミ評価はかなり良いようです。

ブライダルローンの必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態を重視している所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローン使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

借入先に消費者金融を希望している人は総量規制が適用されますので年収の半分を超える借入はできないため、事前に計算をしておくことが大切です。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンでは300万円まで借りられるのですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、みずほ銀行でローンを利用している人は、貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を計算すると、750万円から1 050万円の年収が必要になる計算です。

若い人はそんな収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は、借りられないのではと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんしクレジットカードを取り扱う信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されますから総量規制の対象外となるのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

つまり、ブライダルローンを申請した段階で、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資実行後は領収書等、支払が確認できる書類を提出しなければいけません。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金には、結婚指輪や結婚式のほかにも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

しかし、何とか頑張って100人を招待することができれば実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。

ブライダルローンは結婚費用に限定した目的別ローンなので結婚関連以外の使い道は認められていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

ブライダルローンで認められた使い道には挙式・披露宴や衣装、引き出物に関する費用や新婚旅行旅費、新居に関する礼金敷金・賃貸料、家具家電の購入などがあります。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

例えば、結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が求められるほか支払完了後には領収書などの提出も求められることがあります。

銀行のブライダルローンはリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使途を結婚に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使い道に制限されないフリーローンになります。

気になる金利ですが、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%ですがブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンは様々な金融機関で提供されていますがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスの場合には、挙式と披露宴の費用が含まれていることで、それ以外の費用も認められます。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

ブライダルローンというローンは結婚式のために借りる方が多いと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですそこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

それ以外にも新婚旅行や新居の入居費用、家具や家電製品などそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。

ブライダルローン審査に通った理由とは?

ブライダルローンは低金利なのがメリットの1つですが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますので可能であれば返済期間を短くし、早めに完済してしまうが支払総額を抑えることができます。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀で返済しきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや医療ローンなどと同じ種類のローンになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行の旅費や引っ越し費用などがあります。

カードローンなどのフリーローンと大きく違うのは使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

みずほ銀行にはブライダルローンというサービスの提供はありませんがみずほ銀行多目的ローンというローンがあります。

最長返済期間が7年、最大融資金額が300万円までとなっておりますが固定金利は年6.700%なのですが更に低金利な変動金利にすることも可能です。

更に年0.1%の金利引き下げサービスを受けることができます。

申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが実は両者には大きな違いが何点もありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

次に申込手続きや審査を比べてみましょう。

ブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

ブライダルローンを組む時の必要書類は通常のカードローンと同じように申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や不動産屋の請求書や見積書も必要です。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとって融資を受けた金融機関に提出することも必要です。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴だといくらぐらいが相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国の平均相場価格は専門誌やサイトによってある程度ばらつきはありますが平均して250万円から350万円程度が相場価格のようです。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行費や、引っ越し代など結婚式費用プラス100万円以上は必要になるでしょう。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

クレジットカード会社のオリコのブライダルプラン(ブライダルローン)は満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入制限や雇用形態、勤続年数などの条件はありません。

融資金額が50万円以下だと最長4年となります。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの融資総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必須となります。

又、オリコからの借入れ額と、他の金融業者からの借入れ合計額が100万円以上ある場合も前年度所得証明書類の提出が必要になります。

楽天会員の人や、楽天銀行に口座が持っている人ならば簡単に手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

ブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

消費者金融などには無利息期間が設けられていますがブライダルローンは目的別ローンになりますので、残念ながら無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する資金を無利息で借りたい場合は無利息期間が設けられているカードローンで借りるのがベターでしょう。

消費者金融カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間がありますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

1人あたり3万円のご祝儀をくれると仮定して招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

100人を招待することが可能であれば300万円集まってご祝儀で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われていますが残りの人たちは一括返済が叶わなかったということですから、ご祝儀をあてにしすぎるのは良くありません。

銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使い道を結婚に関係する資金と限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングでは目的別ローンになっておらず使い道に制限が課せられないフリーローンになります。

カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ブライダルローンの選び方で重要なことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですが月々の返済額や返済期間などをじっくり考慮して無理のないローンを選びましょう。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を計算すると、750万円から1 050万円の年収が必要になる計算です。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外となります。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

参考:ブライダルローンはプロミスがおすすめ?【審査基準厳しい?】

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があれば低金利で融資を受けられたり、審査に通りやすくなるなどのメリットを享受できます。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

その計算に基づきますと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円にもなりますから簡単に用意できる金額ではありませんよね。

ブライダルローンで借りたお金を、新婚生活のための住宅ローンの頭金を回せば低金利での資金調達が可能となるのです。

ブライダルローンを結婚式のため利用するという方が多いと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字担ってしまう人がほとんどです。

ご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが必ずしも想定した額のご祝儀を受け取れるとは限りませんから、当てにするのは危険です。

関連ページ