Loading...
Latest news

ブライダルローン審査の落ちるの真相って?

ブライダルローン審査での注意点

ブライダルローンとは結婚に関連する出費に限り融資を認めると言うローンでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

消費者金融カードローンは金利が高いことは有名ですが、無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンというローンは主に消費者金融業者が提供しているフリーローンです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%と非常に高金利に設定されているのがわかります。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

100万円程度の赤字がでてしまうのが普通です。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円集まる計算になりますので完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できたという人の割合はというと全体の45%ほどだそうです。

残りの55%は一括返済できなかったことになりますから、ご祝儀での一括返済は容易ではありません。

カードローンなどのキャッシングを利用している人はブライダルローンを利用する前に融資残高の確認が必要です。

新規の借入先として消費者金融を考えている人は総量規制がかかってきますので年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行であっても無制限に貸してくれるわけではありませんし、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンなどを利用している銀行から借り入れを考えている人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、貸付残高(ブライダルローンを含む)が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまうというシステムになっています。

ブライダルローンというローンは結婚に関することでしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新婚旅行などの費用にも用途は認められています。

家を購入することになれば、ほとんどの場合で住宅ローンを組むことになると思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですから簡単に用意できる金額ではありませんよね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければ当然融資を受けることはできません。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンよりも審査が厳しくなるのは否めません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

又、今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので安心だと考えがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは制限限度額は

キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、すでにみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に制限されてしまいますのでご注意ください。

総量規制をご存知ですか?総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止にした規制で消費者金融などに適用されるというものです。

結婚式にかかる費用はおおよそ250万円から350万円と言われていますから総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行は銀行法によって規制されていますから貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で月々の返済額は1万円からOKなので、無理のない返済を実現しています。

楽天銀行の最大融資額は1人あたり500万円までという点です。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込に必要な書類は本人確認書類などがあり融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンもカードローンも同じ金融商品となりますので審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンよりも厳しい審査になることは避けられません。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴に共通点がありましたので紹介すると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満といった信用情報が弱いことが多いです。

また、過去に滞納履歴や自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

クレジットカード未所有の人は当然滞納歴も無いので安心だと思いがちですが信用情報がないということは、信用度を判断できないという事になりますので落とされる可能性があります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますがキャッシングローンには変わりがないので返済期間が長いほど利息は多くなります。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息が優先して返済されることになります。

そして範囲内に残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で・・と考えているのだとしたら無利息期間が用意されているカードローンでの借り入れがおすすめです。

カードローンであれば、30日程度の無利息期間が用意されていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息で借り入れることが可能です。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。