Loading...
Latest news

ブライダルローン審査の本当と落ちるについて

ブライダルローン審査で返済するためには

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長いほど利息の支払いが増えてしまいますのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀で返済しきれない場合は夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンや医療ローンのように使途を限定したサービスになっています。

使い道をブライダル関連に限定することで普通のカードローンよりも低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使途が自由なフリーローンとなっています。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンとカードローンはローンを組んで借りると言う点では共通していますが二つには大きな違いがいくつもあります。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンとは銀行や消費者金融などが提供するフリーローンになります。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンは実績を積まなければ高額融資が受けられず、初めての利用の場合は数十万円程度しか借りられません。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ借入金額が50万円以下だと、返済期間は最長48か月となります。

また、オリコからの借入れ総額に加え、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超えてしまう場合も前年度の源泉徴収票や直近3カ月以内(連続する2か月分)の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比べると低い金利でお金を借りることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

結婚に関する費用を無利息で貸してくれるところを探しているという事であれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いので結婚式のご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息のブライダルローンというわけです。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利が高くても怖くありません。

ブライダルローン審査はクレジットカードと違う?

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式にかかる費用は平均して250万円から350万円ですから総量規制を考えると年収が750万円から1
050万円必要になります。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

ただし、クレジットカードのキャッシングでお金を借りると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

みずほ銀行にはブライダルローンはないのですが返済期間は最長で7年、融資金額は最大300万円までとなっており、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、さらに低金利な変動金利も選ぶことができます。

また、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していた人はさらに年0.1%の金利引き下げサービスが受けられます。

申込対象者は満20歳以上満66歳未満、完済時年齢が満71歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上で前年度税込年収(個人事業主の場合は申告所得)が200万円以上となっています。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行費や、新居にかかるお金などプラス100万円以上かかることを覚悟しておきましょう。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

ブライダルローン申し込み時の必要書類は普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤務形態などが記載された勤務証明書が必要になる場合もあります。

ブライダルローンは目的別ローンですから結婚式場や新婚旅行の旅行会社、新居の不動産屋の請求書や見積書も必要となってきます。

既に支払ってしまっている場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して代金を支払った結婚式場や旅行会社、不動産屋さんの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

楽天銀行には目的型ローンでブライダルローンを提供しており固定金利で年7.0%、融資金額は最高で300万円、返済額は月々1万円からOKです。

楽天銀行から借り入れをする際に注意することは楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか融資を受けられません。

申込には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になり融資を受けた後には領収書や振込控の写しなどを1か月以内に提出しなければいけません。

ブライダル資金と言うと結婚式や結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますので式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や給与証明書などの収入を証明する書類も必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は不要とされているのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。