Loading...
Latest news

ブライダルローン審査のが落ちるという口コミって?

ブライダルローン審査は年収でみられる

ブライダルローンとカードローンはキャッシングローンと言う意味では共通していますが両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

申込手続きや審査を比較すると、ブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは比較的簡単な審査と言われており、即日融資も可能というサービスも珍しくありません。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンの場合、初回時はせいぜい数十万円程度しか借りられませんのでご注意ください。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式に必要な費用だけでも300万円はかかると言われてますのでそこから毎月の返済額や金利を計算してみましょう。

借入金300万円、ボーナス払い無し、金利7.0%、月々の支払は4万円ということで計算した結果、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月という結果に。

ご祝儀をあてにしていても結婚式は赤字になるのが一般的なので、300万円の結婚式で100万円くらいは赤字になると言われています。

ご祝儀をあてにして100万円のローンを組めばいいと思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ローンを組むに当たりキャッシングを利用している人はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の半分を超える借り入れはできません。

事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも無制限に貸してくれるというわけではなく、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのでカードローンを利用している銀行から追加で借り入れを考えているという人は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資可能となっていますが1人当たりの貸付総額が500万円ですので、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいる場合200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行の場合はというと、最大融資額は300万円なのですが、みずほ銀行で無担保ローンを利用している人はブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまいます。

銀行のブライダルローンは千葉銀行のようにブライダル専門のローン用意しているところもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供するブライダルローンの場合は式場と提携している場合が多く、指定の式場で挙式をあげることが融資条件となっていることが多いです。

銀行のブライダルローンの金利は5%から7%が相場ですが式場提携タイプのブライダルローンの金利相場は6.0%から15.9%と高めに設定されています。

金利を考えると銀行のブライダルローンのほうがメリットが大きいのですがクレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

ジャックスの「プレシャンテ」は、金利6.5%と楽天銀行よりも低い金利で限度額500万円と銀行よりも高額ですし、クレジット対応なので口コミ評価は上々です。

総量規制とは収入の1/3を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用される規制です。

結婚式は平均して250万円から350万円かかると言われていますから総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、一生式が挙げられないんじゃ…と不安になってしまう人もいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですし信販会社のクレジット払いも割賦販売法が適用されることから総量規制の対象外なのです。

但し、クレジットカードのキャッシングで融資を受けると貸金業法が適用されますから総量規制の対象となります。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンに変わりないので返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々の返済はまず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済されます。

そして残った金額が元本に充てられます。

従って、返済期間が長引くほど利息が多くなってしまいますのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では賄いきれない場合は計画を立ててゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローン審査は制限が無い?

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

ブライダルローンは主に銀行などが提供している目的別ローンですがカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

金利についても大きく違いがあり、ブライダルローンは5%から7%なのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは割と審査が簡単とされていて、即日融資も可能だったりします。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

銀行のブライダルローンは目的別ローンとされていることが多くリフォームローンや学資ローンのように使途が決まっているローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道に制限されないフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%なので、圧倒的に低金利だということはお分かり頂けるかと思います。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対し消費者金融カードローンは初回の借入額は数十万円が相場です。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更に「できちゃった婚」の場合には出産費用や新生児用品の購入費も必要となってきますのでプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンは結婚にまつわる費用を融資してくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常、カードローンというものは借りたお金の使い道は自由なのですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますのでなるべくなら返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができるのです。

ブライダルローンで借り入れた借金が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済することをお勧めします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で主に消費者金融などに適用されます。

結婚式にかかる費用は約250から350万円はかかると言われていますので総量規制が考慮すると、750万円から1
050万円の年収が必要になることになります。

これから結婚式を挙げようとする若い人はそんな高収入はないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行法によって規制されている銀行であれば、貸金業法は無関係ですしクレジットカードを扱う信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されるので総量規制の対象外です。

但し、クレジットカードのキャッシングで借金をすると貸金業法が適用され総量規制の対象となってしまいますことご注意下さい。