Loading...
Latest news

ブライダルローン審査の落ちるの件と自営業者の借入体験談

ブライダルローンを結婚式で利用する

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して低金利なことがウリの1つですがキャッシングであることは変わらないので、返済期間が長引くほど利息は多くなります。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますので返済期間を短くした方が支払総額を抑えることができます。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では賄いきれない場合は親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

通常カードローンは借りたお金の使途は自由ですが、ブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

ある程度結婚資金を貯めてから結婚しようと考えている方もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

銀行のブライダルローンは目的別ローンというくくりに入っていることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで一般のキャッシングローンよりも低い金利で借りることができるのが大きな特徴です。

一方、消費者金融のキャッシングの場合目的別ローンではないため使い道が自由なフリーローンになります。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので大分差がありますね。

又、ブライダルローンは数百万円単位で借り入れることができますが、カードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

楽天銀行にはブライダルローンがあり楽天会員や口座がある人であれば簡単にオンラインで手続きができます。

金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で毎月の返済額は1万円から可能なので、余裕のある返済が可能です。

楽天銀行から融資を受ける際に注しなければいけないことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは500万から差し引いた額、つまり200万円までしか借りられないのです。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

ブライダルローンは結婚に利用目的を限定して融資してくれるサービスでカードローンよりも低金利でお金を借りることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンには無利息サービスは設けられていません。

もし、結婚に関する資金を無利息で・・と考えているのだとしたら無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンは金利が高いと言われていますが無利息期間内に完済するのですから、いくら金利が高くても関係ありません。

ブライダルローンはその名の通り結婚費用に限定された目的別ローンですので結婚に関する費用以外では使い道を許可されていません。

使い道を限定することで金利を低くした目的別ローンと呼ばれるサービスでリフォームローンや医療ローン、教育ローンなどと同じ種類のローンです。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行の旅行費や、新居に関する礼金敷金なども認められています。

カードローンのフリーローンとどの点が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

結婚式場が発行した見積書や請求書が融資を受ける上で必要不可欠な書類となり支払完了後には領収書や振込控えの提出が必須となっていることもあります。

ブライダルローン審査は通りにくい

ブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通らなければいけません。

ブライダルローンは低い金利で融資をしてもらえますのでカードローンよりも厳しい審査となります。

ブライダルローンの審査に落ちた人の特徴を挙げると年収が200万円以下、勤続年数が1年未満など、返済能力が厳しそうな人が落ちていることが多いようです。

また、過去に滞納履歴や債務整理の経歴があったり複数のローン会社から融資を受けている人は危ないです。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴も無いため、信用されないことはないだろうと思いがちですが逆に信用情報がないということで、落とされる可能性があります。

オリコが提供するブライダルプラン(ブライダルローン)は融資額は10万円から300万円で、貸付利率は6.0%から13.2%となっています。

申込の条件には満20歳以上で安定した収入がある人ということで収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

融資金額が50万円以下だと最長4年となります。

申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがオリコでの借入れ額の総額が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要です。

前年度所得証明書類の提出が必要になります。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など100万から500万程度のお金が必要になります。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから通常のカードローンよりも審査のハードルはかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を立てることを条件とされる場合もあります。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?全国的に一番多い価格帯は300から350万円ほどで全体の15.1%となっており第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますが250万円から350万円の範囲となっています。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行費や、新居にかかるお金などプラス100万円以上かかることを覚悟しておきましょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス20から30万円を見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンとは結婚に関する費用を貸してくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低くおすすめなのですが、一般のカードローンと比較すると手間や時間がかかるってしまうというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚に関する目的以外には認められません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用、家具や家電の購入など色々とお金が必要になります。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますが金利が低いブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめですよ。

ブライダルローンとカードローンはお金を借りると言う意味では同じなのですが両者には大きく異なる点がいくつもありますので気を付けなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは銀行や消費者金融業者が提供するフリーローンです。

金利についても二つには大きな違いがあり、ブライダルローンは5%から7%が一般的な相場に対してカードローンでは3.0%から18.0%と高い金利に設定されているのです。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは比較的審査が早く、即日融資が可能なサービスも少なくありません。

一方で、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と高額な借り入れを可能としているのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。