Loading...
Latest news

ブライダルローン審査基準はどうなってるの?

ブライダルローン返済方法についてどの方法がベストなのか

悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てこんで返済プランを組むことは避けましょう。

300万円かかった結婚式を、ご祝儀で全額回収することは厳しいといわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

仮に1人あたり3万円のご祝儀を用意してくれたとしても招待人数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ですから90万円の赤字になります。

100人を招待することが可能であればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀で一括返済できた割合は45%と言われていますが残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に適用されるものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考えると、年収が750万円から1
050万円必要になってしまいます。

不景気の昨今、みんながみんなそれだけの収入を得ているわけはありませんしすでにカードローンを利用している人は結婚式を挙げられないんじゃないかと不安になってしまいますよね。

しかし、銀行の場合貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングで借入すると貸金業法が適用され、総量規制の対象となりますのでご注意ください。

ブライダルローンというローンは結婚に限定して融資してくれるサービスで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

消費者金融や一部の銀行カードローンは無利息期間がありますが残念ながらブライダルローンには無利息サービスはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間があるカードローンで結婚資金を借りると良いでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますから結婚式のご祝儀で完済できれば、実質無利息のブライダルローンということができます。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に完済してしまえば、金利の高さは関係ありませんね。

ブライダルローンは一般的なカードローンと比較して、金利が低いことには間違いないのですがキャッシングローンですから、返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々に返済していく返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、利息を優先して返済して、決めた返済額内の残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

もし、ブライダルローンの借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀では一括返済に足りない場合は返済計画をきちんと立て無理のない返済をしていきましょう。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが借金に変わりないので、事前にシミュレーションをすることが重要です。

結婚式や披露宴にかかる費用だけでも300万円はくだらないと言われていますのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円、ボーナス払いはナシ、金利は7%、毎月の支払を4万円で計算してみたところ、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが必ずしも200万ほどのご祝儀が入ってくるとは限りませんから、当てにするのはやめておいた方が無難です。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚式などにも利用できるみずほ銀行多目的ローンがあります。

返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、固定金利は年6.700%と低い金利なのが特徴的ですが更に低金利な変動金利にすることも可能です。

又、みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、あるいは利用していたという人であれば申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数が2年以上で前年度税込年収が200万円以上です。

ブライダルローンは使途が限られているローン

ブライダルローンを提供している金融機関は数多くありますが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?なのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用も認めています。

ですから、ブライダルローンの選び方で大切なことは資金使途の範囲がどこまで許可されているかをということになります。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンの返済方法に悩む人は多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

一般的に300万円の結婚式を挙げた場合にご祝儀で全額回収することは不可能といわれておりギリギリ300万円で完済しきれる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが銀行が提供するブライダルローンは目的別ローンにカテゴリー分けされてることが多くリフォームローンや医療ローンのように使い道が限られたローンになっています。

使途を結婚式に関連する資金と限定することで普通のキャッシングローンと比較して低金利で借入可能なことが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のキャッシングサービスには目的別ローンはなく使途が自由なフリーローンとなっています。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%前後が相場と言われていますので、格段に低金利です。

又、ブライダルローンは数百万円単位で融資を受けることができるのですが消費者金融からの借り入れの場合、初回の借入額は数十万円が相場です。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪など数百万円単位の大金が必要になります。

結婚式以外にも新婚旅行や引っ越し費用などそれぞれに数十万円程度は必要となってくるでしょう。

ブライダルローンというローンは、多額の資金を低金利で貸してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査のポイントは返済能力の有無を確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件となっています。

更に低金利な変動金利も選択することができます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人はブライダルローンもカードローンと同じ金融商品ですから審査に通る必要があります。

ブライダルローンは低金利かつ数百万単位で借入可能ですからカードローンより審査は厳しくなります。

ブライダルローンの審査に落ちたという人の特徴は年収が200万円以下だったり非正規雇用であるなど、返済能力が乏しいと思われる人が多いです。

又、過去に滞納履歴や債務整理、自己破産歴があったり、複数から借り入れがある人は要注意です。

今までクレジットカードを持った事が無い人は滞納歴が無いので信用されていると思われがちですが信用情報がないので信用度が判断できないために落とされる可能性があります。